猫とカラスの友情の話

猫とカラスの友情の話

実際にあった猫とカラスの友情の話です。

とあるご夫妻のお庭に生後約3ヶ月の子猫が迷い込んできました。
子猫の回りにはなぜか1匹のカラスがいたそうです。このカラス、なんと、子猫を傷つけることなくむしろ、子猫にエサを与えて世話をしていたそうです。

子猫はキャシー、カラスはモゼと名付けられました。いつも仲良くジャレあったり一緒に寄り添って過ごすキャシーとモゼ。しかし、ある日、モゼは飛び立ったきり帰ってこなくなりました。新しいお友達ができたのかもしれません。

この友情は5年ほど続いたそうです。

この種を超えた感動的なお話は、「Cat&Crow」という絵本になっています。とても素敵なお話です。

お庭に迷い込んできた子猫の傍らには何故かカラスがいます。

このカラス、子猫にエサを与えたりとお世話をしてくれているようです。

子猫はキャシー、カラスはモゼと名付けられました。

仲良くジャレあったり

一緒に寄り添って過ごすキャシーとモゼ。

種を超えた友情って素敵ですね。

シェアする

フォローする

猫とカラスの友情の話
この記事をお届けした
癒し・おもしろ動物動画(YouTube)の最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!